バリベチック ニュース

【総領事館からのお知らせ:安全対策情報等:3月】

在デンパサール日本国総領事館から毎月発行されるお知らせです。渡航前に必ずご確認下さい。
こちらからどうぞ。別ウィンドウで開きます。

来年以降にバリ島への旅行を計画中の方へ

バリ島には「ニュピ」と言ってバリヒンドゥー教のお正月があり、この日は表に一切出ることが出来なくて飛行機も飛びません。
こちらもあわせてご確認下さい。【総領事館からのお知らせ:渡航情報(ニュピに関する情報)】

今年以降3年間の「ニュピ」の日程です。バリ島旅行の計画の時の参考になさってください。

ちなみに「ニュピ」の前日には「オゴオゴ」といって大きな迫力のある張りぼての人形の行列が各地で見られます。
この時期にわざわざいらっしゃる方も最近増えています。バリ島の神聖な行事体験をしませんか?お勧めです!

ガルーダ・インドネシア航空

国営ガルーダ航空は3月5日(2014年)、航空大手が参加する「スカイチーム」に加盟したと発表した。
インドネシアの航空会社として初めて。東南アジアではベトナム航空に次いで2番目だ。 
スカイチームの加盟航空会社はデルタ航空やオランダ航空など、世界178カ国加盟!

自転車大好きな方へ

ガルーダ航空(GA)は自転車15キロまで持ち込み無料です。
尚、サーフボード・ダイビング器材・ゴルフ道具も15キロまで持ち込み無料です!

バリ島の日本領事館から下記の記事が送信されました。

入国スタンプの押印漏れ
※先日30日間有効の短期ビザ入国スタンプが押印されていなかったことを
同ビザの延長をしようとした際に気付き、ングラ・ライ入管事務所及び空港内出入国検査課に赴いて
入国手続きを行うとの事案がありました。

同邦人が搭乗した成田発ガルーダ航空デンパサール行きGA881便では
機内で短期ビザ発給のサービスがなされていますが、同邦人は同サービスを受けるための
条件の一つである、同便チェックインの際に同ビザ料金の支払いを行うことに気付かず、
機内でのビザ発給サービスを受けることができませんでした。

そのため、機内の入国管理官からの説明に基づき、ングラ・ライ空港到着後に
同空港で到着ビザの手続きをするつもりでいたところ、ビザ料金支払いの窓口があることを知らず、
同じ航空機の他の乗客とともに入国審査カウンターへ向かい、同審査官に旅券等を提示し、
同旅券等は戻されたので、入国審査は終了したと思っていたとのことでした。
つきましては、邦人の皆様には当地を訪問されるご家族やご友人も含め、短期ビザで当地に入国される場合は、
入国スタンプの押印の有無を必ずご確認ください
先日の夜に、レギャン通りのモニュメント近くのクラブの多い地域で、男性のお客様がスリにあいました。

盗られたのは現金で、最近よく見かける「ウェストポーチを肩から斜めにかけている状況」で盗られました。
ファスナーが表向きになってかけているので、2-3人にワイワイと囲まれてお土産を進める振りしている間に、
簡単に盗られました。同行の女性が気がついて追いかけたら、小路に逃げた所にグループらしき
黒いTシャツを着た男が数人いて、囲まれたので、あわてて逃げてきたとの事です。


※楽しいバリ島旅行にする為にも注意を怠らないようにお願いします。

世界新七不思議

インドネシア東部の「最後の恐竜コモドドラゴン」がいる「コモド島」が、昨日「世界新七不思議」(主催者・新世界七不思議財団、本部・スイス)に選ばれました。

コモド島へ出発するフローレス島の港近辺は、何処となく瀬戸内海を連想させる小さな島々が浮かんでおり、
周辺は海の綺麗さも抜群で50ヶ所以上のダイビングスポットもあります。
コモド島へ出発するフローレス島の内陸部では「天然染めの手織りイカット」もとても有名です。
バリ島からちょっと離れた最後の恐竜コモドラゴンのコモド島と見所イッパイのインドネシア東部・フローレス島へ行こう!

”世界新七不思議”は、「コモド国立公園」のほか、
「ブラジルのアマゾン川」、「ベトナムのハロン湾」、「アルゼンチンのイグアスの滝」、「韓国のチェジュ島」、
「南アフリカのテーブルマウンテン」、「フィリピンのプエルト・プリンセサ海底公園」が選ばれました。